当工房は、昔ながらの漁師町の風情が残る千葉県浦安市の元町地区にあります。

主にスペインとイタリアの技法を用いて、伝統的なデザインをアレンジした、

JUNKOによるオリジナルの陶器を製作しております。

(商品のお取扱い希望/イベント出店/ワークショップ開催など工房への各種お仕事のご依頼についてはこちらを参照ください)

また、釉薬、顔料、タイル、素地等は、

基本的にイタリア製もしくはスペイン製のものを使用しております。

 

 

 

 

 

 

当工房では、主に下記3点の技法を用いて作品を制作しております。

いずれもヨーロッパに古くから伝わる技法ですが

日本ではまだまだ学ぶ事ができる場所が限られています。

◆マヨルカ(イタリア語ではMaiolica)焼き

素焼きの陶器の上に、釉薬をかけ、その上に顔料で絵付けをします。

手書きならではの筆跡が楽しめ、素朴で味のある風合いが特徴です。

◆クエルダセカタイル

シャープペンで書いた線が釉薬をはじき、焼成後に線が消えます。

そのため、ブロッキングされた色がぷっくり盛り上がるような、

かわいらしくカラフルな絵付け可能です。

◆クエンカタイル

先ずは石膏を彫り型を作成します。

そこに粘土を押し込むと、線が浮き上がった

独特なタイルが出来上がります。

線と線の間の凹んだ箇所に釉薬を流し込み、焼成します。

当工房では、陶器の絵付け、販売、教室開講を行っております。
また、オリジナルの看板製作、引き出物等の発注も受け付けております。

お気軽にお問合せください。メールはこちらから