<2018年夏・イタリア旅行記>②まさかのチケットトラブル発生!

イタリアには毎年訪れているものの、今回はじめてやってしまいました・・・

あり得ないと思っていたのに、二重で飛行機のチケットを購入してしまうなんて・・・。

今回、チケットはアエロフロートのサイトから主人が直接購入したのですが、

最後にカード支払い画面で自分のパスワードがわからずに、何回かやり直しているうちに、そのまま画面がブロック。

海外のサイトだと、結構固まっちゃうことあるんですよねぇ…

そこで、翌日改めて買いなおして、ちゃんと支払い完了のメールも受け取りました。

しかし・・・実は、最初に購入したチケット、実はちゃんと買えていたんですよ!

そして、その購入完了のメールが来たのが、翌日の購入完了メールの後。

なざ時差ができてしまったのかはわからないのですが、まさか前日分のメールだとは

思わず、何通か来た予約確認メールの一つだと思ってそのまま流してい主人。

更にややこしいことに、近々期限がきれる子供のパスポートがあったため、

購入後に、新しいパスポート番号へ変更の依頼をしたのです。

なので、予約確認のメールは常に2つ届いていたのに、そのパスポート番号変更のため、

なんらかの理由で二重で連絡が届いているだけだと勘違い。

その恐ろしい事実を知るのは、出発前に成田でチェックインをした時・・・・

私「そういえば、なんでいつも確認のメールが2つ届いたんですかね~?」

カウンターの女性「いえ、こちらも予約されています」

で、え???っとなったわけですよ。そして、確認してみれば確かにカードで2回分引落もされている!

なんで気が付かない!!と私が主人にキレている間に出発時間となり、出発した後は日付変更等も無効になるそうで・・・

結局どうしたかというと、クレーム窓口にメールをして、現在対応してもらっているところです。

確かに、すぐに気が付いて連絡しない主人も悪いんです。

けれど、購入メールが翌日以降に届いたことも、システム的に問題ありかも?ということで、

まだ決定していませんが、返金してもらえる方向で進んでいます。

だって、家族5人分ですからね・・・泣きます。

子供達も長旅でぐったりですが、私もぐったりです。

モスクワの空港のプレイスペースで「おかしいな~僕の英語通じないな~」

とロシア人や中国人の子供とイタリア語で一緒に遊ぶ長男。

(長男はイタリア語と英語の区別があまりついていない)

男同士は、言葉の壁はさほど問題ないらしいです。

毎回子連れにはつらい長距離フライトですが、5歳になった長男はだいぶ体力もつき、

ぐずることもなくなりました。それだけでもかなり助かります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です