<2018年夏・イタリア旅行記>③ボローニャという街

旅行記②を既にお読みいただいた方は、ハラハラしていたかも??

というわけで、先日無事に、アエロフロートよりダブりのチケット分の返金がありました!

何も明細のようなものもなかったので詳細はわからないのですが、

100%戻ってきているわけではないので、恐らく燃油サーチャージ代は戻らなかったのかな?

と想像しておりますが、それでもほぼほぼ戻ってきたので一安心です。

良かった~これで来年もイタリアに行ける!

でも、この写真を撮った時は、私たちは気分がどん底でした。笑。

まだ返金されるかどうかわからなかったから・・・

ようやくイタリアに到着です。空港のランボルギーニの前でランボルギーニマニアの息子は大喜び。

ちなみに、手に持っているのはランボルギーニ社も公認のキャリーケースです。息子の宝物。

ボローニャ空港は、地元の物理学者グリエルモ・マルコーニにちなんで

通称マルコーニなんて呼ばれたりします。

ボローニャって、どうも日本人にはちょっと存在の薄い街ではありますよね。

かくゆう私も、渡伊前はあまり馴染みのない街でした。

けれど、物作りの街としても有名で、上の写真の通りランボルギーニの本社があります。

その他にも、ドゥカティ、フェラーリなどの乗り物系、ファッションではラペルラやフルラなど・・・

とにかく、日本でも有名な会社が結構あるんですね!

なので、意外とビジネスで訪れる機会も多い街でもあります。

街の歴史も古く、ヨーロッパ最古のボローニャ大学で有名な、学生の街でもあります。

調べたところ、なんと学生数10万人だって…!

ちなみに、私の中で学生数が多いイメージの日大を調べたところ、7万人強のようです。

でも、確か日大はキャンパスが色々ありますよね・・・?

ボローニャ大は一つの街にそれだけ学生が集まるわけですから、それは活気ある若者の街になるわけだ・・・。

写真で見ると、道の両端にアーケードがあるのがお分かりいただけますか?

その昔、学生が増えすぎて下宿が足りずに、柱をたててその上に居住スペースを作ったのが起源だそうで、

イタリア語ではこういうアーケードをポルティコと呼びます。

このポルティコのおかげで、街中どこへでも雨が降っても濡れずに歩けるんです。

実は留学時代は一度も済んだことが無いボローニャですが、

私がイタリアで初めてできたボーイフレンドもボローニャ大の卒業生だったなぁ….

それ以降も、なんとな~く縁がある土地で、イタリアから日本に帰国して出会い、

熱烈にアプローチされたイタリア人がボローニャ出身だと聞いた時も、ああボローニャね!と、妙に感心したものでした。

そしてそれが今の主人になるのですが、そのお話はまた別の機会に・・・

次はジャガイモ畑滞在編に続きます・・・!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です