<2018年夏・イタリア旅行記>⑫ かわいい陶器の街・Vietri Sul Mare

イタリア各地には陶器の産地とされる街がたくさんあり、

よく見ると、街のあちこちには表札だったり看板だったり・・・

古くから街並みに溶け込んで浸透していることがわかります。

そんな中、初めて訪れた南イタリアで、とりわけカラフルなタイルを見たときの衝撃。

レモンや魚やオリーブ・・・南イタリア特有の明るい色合いと素朴なデザイン。

各産地で陶器のデザインにも特色がありますが、すっかりほれ込んでしまった南イタリア。

日本で仕事をしながら、いつか独立してあんなタイルを作ってみたいな~と夢見ていました。

そして試行錯誤しながらなんとか工房を構えるに至ったのですが、その一大叙事詩はまた別の機会に…

Vietri sul mare(ヴィエトリスルマーレ)は南イタリアでも特に陶器で有名な街。

サレルノからバスでおよそ15分。電車でも5分程。

のどかで小さな海の上の街です。

”sul mare” とは海の近くという意味なのですが、当工房のオンラインショップ”Sul Mare”という名前はこちらの素敵な響きから頂戴しました。

この日は朝早く訪れたのでお店が閉まっていますが・・・

この両脇、全部陶器のお店です。

狭い路地に所狭しと並ぶ鮮やかなマヨリカ焼き。

街中いたるところでこのようなタイル画を見ることができます。

もう~~そんな頭髪の細部まで再現しなくてもいいのに。いやん。

味のある人物の顔。そして、やっぱり海のデザインが多いです。

海、ボート、魚、太陽、タツノオトシゴ、シェル、マーメイド・・・・

大好きなモチーフがいっぱい。タイルの宝石箱や~。

一日いてもあきません。

こんな風に街並みを楽しみながら狭い路地を20分程てくてく降りていくと、海にたどり着きます。

けれど今回のお目当ては海ではなく、Ceramica(陶器)のワークショップ。

この写真をみてゴーストを思い出したあなた!昭和生まれがばれます。

今見ると、私ったらほぼ全裸でろくろ回して・・・なんて破廉恥な。

普段から露出多めですが、イタリアにいる時はさらに正常な感覚がマヒします。

しかもここ、100%屋外です。

それにしてもイタリア人って、屋外でご飯食べたり呑んだりおしゃべりしたり・・・なんか屋外好きだな??

ちなみに、イタリア時代の名残で、私も外で呑むの大好きになりました。

コンビニ前とか誰もいない海とか・・・それではただのガラの悪い人。笑

現在は、もっぱら立ち飲みの串カツ屋さんです。外で呑むビールは美味しい。

イタリアの陶器職人さん、大抵写真のような白衣(作業着)を着てラジオ聞きながら作業しているんですよね~。

まずは形から入る私、工房開設と同時にワークマンで白衣を購入して、絵付けする際に着ています。

もちろん壊れかけのレディオ~も聞きながら・・・何事も形から入るのが大事です!

上手に絵付けできる気がします。(当社比)

先生のご指導で作成した泳げたいやき君。奥が先生の作品。手前が私の物。

先生作はやっぱり味のあるお顔しているなぁ~。粘土の造形の基礎から教えてもらいました。

焼成してから釉薬をかけたもらったのがこちら。

かわいい・・・。

イタリア旅行記も残りあとわずか。

もう少しお付き合いくださいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です