イタリア人と結婚するってこんな感じ(我が家の場合)①

イタリア人と結婚してます。

と言うと、毎日パスタとピザ食べるんですか?と必ず聞かれるので、ちょっと我が家の日常をお話しようかと思いまして。

そもそも私自身、主人が外国人だっことすっかり忘れてることもあるんですけどね…。

何しろ出会ったのも日本だし、かれこれ10年以上日本に住んでいるし、

日常会話は日本語だし、普通に満員電車で通勤するサラリーマンだし…。

時折、役所とか子供の学校関係とか病院とかで「ご主人大丈夫ですか?」って聞かれて

「へ?何がですか??」って聞くと「日本語とか大丈夫ですか?」と。

そこで、そうだった!この人イタリア人だったじゃん!と思い出すわけです。

里帰りでイタリアに行くと、スーパーでパンとかワインとかチーズとか買い込んで、これからパーティーかな?

というようなオシャレカップルを見かけたりしますが(IKEAのカタログみたいな!)

我が家の主人の買い物袋の中身といえば、納豆、牛乳の2点セットは絶対。

後はネギ、イワシの缶詰、ワカメご飯の元、イシイのミートボール(子供のお弁当用)

「今夜焼いて〜」とホッケかシシャモ。笑。

なので、あんまり「THE•国際結婚」みたいな生活はしていなんですよねぇ。

たまに故郷ボローニャの名物のタリアテッレとラグーを作ってあげますが、別にそんなに恋しいというわけでも無いみたい。

逆に、海外在住の日本人には、必ず恋しい日本食ってあると思うんですよね。

白ごはんと納豆とかカレーとかお茶漬けとか…

私はラーメンだったかな。ラーメン食べたくて、中国の食材店行って、日本のインスタントラーメン買い漁ったっけ…

で、私も主人に「ラザニア食べたい!」とかイタリアの味が恋しくなったりしないの?

と聞いたところ「う〜ん、特にない。サイゼリヤでもいい」とのこと。

食に関する欲がゼロ。笑。料理する私は楽でいいですけどね。

日本在住の外国人、我が家の主人のように郷に従い過ぎてるタイプ(逆に元々本国ではちょっと浮いていた)か、

心は本国に置いたまま(日本語は理解してるけど敢えて話さないし、日本食より母国の味が好き)の2タイプに分かれる気がします。

我が家の三人の子供たち。

同じハーフのお友達のスペイン人のパパを見て「なんでパパが外国人なの?」って・・・

「じゃあみんなのパパはどこの国から来たの?」と聞いたらそこで初めて

「え???パパって外国人なの?」と大混乱。

「じゃあ僕たちって何人なの??」と疑問が沸いた瞬間のようです。

成長しながらその答えは少しずつ見つかるんじゃないかな・・・?と母は思います。

またいつか続く②をお楽しみに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です