南イタリア・テルモリという街のこと②

南イタリア・テルモリ編の続き・・・。

①はこちらから→

南イタリア・テルモリという街のこと①

こういう、路地から海が見える景色が好き。

港を見ると懐かしい気持ちになるのは、南房総の産まれだから?

今年の夏、このテルモリに一週間滞在する予定でいますが、チェントロ(イタリア語で街の中心地のこと)のアパートだそうなので、街歩きも楽しみです。

これは結婚式全日の夜。教会の前の広場がBarになっていますね。

この教会で結婚式が行われます。

ちなみに、イタリアでは外で呑む場所がとても多いんですね〜。

街の中心では、あちこちでグラスを持っておしゃべりする(正確にはBarのカウンターで注文してそれを持ち出す)姿が見られますし、

夜遅くまでジェラートなどを楽しむ子供の姿も・・・特に何をするわけでもないけれど、親しい人とおしゃべりを楽しんだり散歩したりする時間。

イタリア語には「Dopo cena(夕飯後)」という言葉があって、文字通り夕飯後に待ち合わせをする際に使います。

日本だと、夜の外出というと夕飯がセットになる場合が多いのですが、Dopo cenaの待ち合わせでは、家で食事を済ませてシャワーも浴びて、その後にお出かけになります。

単に集まっておしゃべりしたり、映画をみたりして過ごす時間。

若者には経済的でもありますし、夕飯は家族でマンマの料理を!という文化も影響しているのかもしれませんね。

夜の過ごし方がとても贅沢ですね。昼間は暑くても夜は涼しいので、外で過ごすのがとても気持ちがいい。

日本では繁華街にいかないと、なかなかそういう場所がありませんが、この文化はぜひ日本にも輸入したいな~。と常々思っているんですね、私。

浦安駅付近に、夜までジェラートを食べられるお店できないかな・・・?

外で呑みたい願望は、イタリアから帰ってからすっかり根付いてしまい、今でも基本的に外で呑めるところ大好き。

海を見ながらだと更に最高!

お酒はぬるめの燗がいい!

肴は炙ったイカでいい!

さて、こちらが結婚式の後のパーティーの様子です。南イタリアのパーティーは長いことで有名で、昼過ぎから始まり夜中まで大騒ぎ。

地元のバンドの演奏も入り、みんなでダンスを踊りとても楽しかった・・・!

南イタリアの方は、パーティーの服装もピンクやオレンジなど、とてもカラフルな気がしますね。

もちろん日本に比べたら北のマダム達もとても派手ですが、南のマダムやオジ様達は更に太陽族か!っていうくらいイケイケ。笑。

(ん?令和ってなに?今は昭和94年)

新婦なんて、ウェディングドレスもミニスカートでしたから。

最後に…この楽器、なんだかわかりますか??

名前がわからないのですが、突き刺さった棒をこすると、音がします。

なんとも形容しがたいボギュンというかゴキュゴキュという音が・・・。

初めてみた楽器ですが、実は数年後こんなところで再会することになります。

(デザイン提供:スペインタイルアート工房)

通っていたスペインタイルの教室の課題のデザイン。

スペインの古いデザインですが、もってますよね!あの棒!ギターじゃないんですよ。

どうやらスペインやイタリアで古くからある楽器のようです。

今年の再訪では、また色々と見てこようと思います。

どうぞお楽しみに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です