<2019年夏・イタリア旅行記>⑧ おーい、船が出るぞー!ナポリ散策

今回、南イタリアに行ったら絶対に行こうと決めてい場所・プローチダ島。カプリ島やアマルフィなど有名な観光地は数多ありますが、あまり訪れる機会の少ない、のんびりした素朴な場所に行ってみたかったのです。

昨年、在住のお友達から勧められて、ずっと気になっていた島でした。

ナポリの港からフェリーやアリスカーフォ(水中翼船)で1時間程度で行く事ができます。

とても素晴らしい場所でしたが、そのお話はまた次回。何しろアリスカーフォを乗り過ごし、午前中はナポリ観光をしたのでそのお話から…

その日の朝、起床すると、日本の友人達から続々と連絡が…Aperitivoさんで行われていたフェアの様子が、丁度、地元の房日新聞に掲載された日でした。

詳しくはこちらブログを参照

地元・南房総での房日新聞の普及率というのはすさまじくて、おそらくNHKニュース以上の影響力かも??房日新聞を制する者が南房総を制すると言っても過言ではない…??

とにかく南房総からイタリアまで届く友達からの応援メッセージ📣そんなこんなで楽しいおしゃべりをしていたら、あ!船の時間だ!お〜い!船が出るぞ〜!!!

昨日、暗い中、怪しい雰囲気満載、犬のフン満載、ヒヤヒヤした道を港方面へ…バスに乗るか迷い、結局2km程歩いてみることに。

イタリアのバスは、バスの中でチケットを売ってくれるところもあればダメなところもあるし、売ってくれるはずの運転手さんがチケットを持っていなかったり、チケットを売っているお店が非常に見つかり辛かったり、同じ距離の乗車でも、お店によって売られるチケットがまちまちだったり…世紀末感満載。無法地帯。北斗の拳?YouはShock? とにかく初めての場所では非常に難易度が高い。

(なんでもコンビニで済ませられる日本を基準にすると、とても不便に感じるけれど、それが愛すべきイタリア!)

路線の予習をちゃんとするか、余程遠くなければひたすら歩く…

港が見えてきた!!と思ったら、港自体もとにかく広い!ここはまだまだ大型船用。プローチダ行きは港の一番奥。完全に読みが甘く、午前最後のアリスカーフォを逃してしまうことに😂

仕方がないので、午後イチの便のチケットを購入して、市内観光へ。

有名な卵城。港から徒歩で5分程。

ガッレリーアを通り、素敵な陶器も覗きながら…目的地はこちら。

フニコラーレの駅です。寄り添うおじいちゃまとおばあちゃまが素敵!チャーミーグリーン❤️

私もいつまでも主人とはこうありたいものです。アモーレ❤️

いわゆる登山鉄道です。

駅の前のエディーコラ(雑誌屋さん)でチケットを購入。これでナポリを一望できるヴォメロの丘へ登ります。

着いてみてびっくり!あらまあ、ここはナポリではなくボローニャかしら!?

この界隈が高級住宅地だという知識はあったのですが、喧騒を逃れた落ち着いた雰囲気は、北イタリアみたい。

丘の上なので、ものすごく高低差があります。

フェンス越しに覗き込むと、マンションのベランダが下の方の階まで見えるのですが、皆さん、とても素敵に、居心地良さそうに整えていて、良くみてインテリアの参考にしたいけれど、あんまりへばりついて見るのも怪しいので…横目でチラチラと…チラリズム❤️

こういう丘の上の街、情緒があって憧れますね!

船の時間を気にしながらだったので、少しだけの散策でしたが、また天気の良い日に来たい😊

お〜い船が出るぞ〜!

フニコラーレで下に降り、港まで戻ってきました。お土産屋さんには「ポンペイ 官能的な秘密」というガイドブック。英語だと’EROTIC SECRETS’ 。

なんでしょう。袋とじでしょうか?それとも熱海秘宝館みたいな?官能的な秘密がとてもとても気になりますが、まずは船に乗船。

プローチダに向けて出発です🚢

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です