<イタリア旅行記2019夏>⑮ テルモリグルメと夜中の遊園地

テルモリの街並み。このお城の先に、お伽話の世界ような旧市街が広がっています。

この旧市街にお気に入りのお店がありまして…

数年前にも訪れたレストラン「Sognadoro」

イタリアでは良くあることだとは思いますが、南イタリアでは、より強く感じる人との繋がり。

親戚のおじさまのお友達のお店なので、おじさまがとにかく

「今から行くからね!日本から来た大事なお客さんだからよろしくね!」と念を押してお店に予約してくれていました。

日本もそうだとは思いますが、イタリアでは、このワンクッションがあるかないかで格段にサービスが変わることもあったり・・・

愛すべき点ではありますが、その反面、コネが無いとなかなか物事が進まない…なんていう。

ちょっと古い感覚の一面もあったりしますよね。

このお店、南イタリアらしいタイル使いで、店内も本当にかわいいんだ~!

タイルも、こういう風に並べて壁に貼ると素敵ですね~我が家の壁にもやってみたい!

井戸のお魚祭壇もすごい!

ピッツェリアではなくリストランテですが、ピッツァもとてもおいしい。

私はいつも決まってシンプルなトマトソース+アッチューゲ(アンチョビ)です。

一人で原木一本食べちゃうんじゃないか?という位の生ハム好きな娘は生ハムマシマシピッツァ。

主人は大抵、tonno+cipolla (ツナとオニオン)かquattro formaggi(4種のチーズ)。

シンプルなのが好きな息子はマルゲリータ、ただしバジル抜き。

それぞれ、好みの味がありますね〜。

海での軽食。

これはパンパネッラという、この地方独特の豚肉料理をパンに挟んだもの。

初めて食べました。

唐辛子がまぶしてあって、かなりピリ辛だけど、タンドリーチキンに通ずるようなクセになる味!

北イタリアではあまり辛い料理は食べないので、いかにも南イタリア!という感じがしました。

地元で人気のお惣菜屋さんだそうです。

ここでは、イカのフリットと魚のフリットを持ち帰り、家で食べました。

さすが人気店、お客さんがひっきりなしで、だいぶ待ちました。

店内で食べることもできます。テーブルクロスかわいい!

夜のテルモリはこんな感じです。人がいっぱい!

涼しくなる夏の夜、みんなこうして夜のお散歩をするんですね。

そんな時のお供はもちろんジェラート。

すごいおしゃれなお店でも、北イタリアに比べるとジェラートも安いです。

番外編。夜のルナパーク。

トイストーリー4で目にした方も多いんじゃないでしょうか?

これは、移動式の遊園地で、夏の間だけ現れる幻…というとかっこいいけれど、これがまた夜中までとにかくうるさい。笑

ディスコか!?という大音量。

そして、絶対に著作権を無視してるデザインのオンパレード・・・。

アパートのすぐそばだったので、とにかく眠れないくらいの音。

おそらく夜中の2時ごろまで??スンドコズンドコ。

日本だったら騒音問題になりそうなところですがイタリアでは「うるさいけど、別に窓閉めればいいじゃない~?」ということなんでしょう。

そして、深夜まで普通に子供たちが外で遊んでいる。

日本の夏休みといえば、早寝早起きが基本ですが、どうやらイタリアの夏休みはもっとおおらかな様子。

夜9時までに寝かせないと成長ホルモンが云々〜と言われる日本。

私も休み中は子供たちを早く寝かせるのに苦労していますが、イタリアの子供たちを見ていると「早く寝なくても育つな!子供は!」としみじみ思ったりします。

その代わり、必ずイタリアでは子供にお昼寝はさせていますよね。

熱い日中は家で過ごし、涼しくなった夜に外に出かける…外で家族や友人とゆっくり過ごす時間を大事にする。

ある意味、エコな生活と言えるかもしれませんね。

街の聖人、聖バッソのお祭りのお祝いの花火。アパートのベランダからの眺め。

イタリアでは、花火は大抵夜中の12時開始です。12時ですよ??

そういえば主人と初めての花火デート。

昼過ぎから浴衣の着付けを始める私に、てっきり12時頃だと思ってのんびりしている主人。

19:00開始だよ!というと、え?なんで?ホント?と焦って支度させたという・・・。

花火は夜中から!という感覚なんですね~。

浦安の当工房では、毎晩ディズニーの花火の音だけは聞こえてきますが…

こんなに特等席で静かに花火を観賞したのは生まれて初めて!

最高なテルモリの夜。

次回最終回・・・となるはず!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です